プロフィール

とら店長コトラコ

Author:とら店長コトラコ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

ありがとうございまする


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

殿・参勤交代よりご帰還

殿と姫

長らく殿様不在の盛岡城でござりましたが、無事ご帰還なさいました(*^_^*)

なにやら少し、まあるくなってのご帰還です。

2殿姫勢揃い

これでしばらくご城下が賑やかです。

石割桜

ちょうど石割桜の時期でもございますし・・。

~~さかる(盛る)おか(岡)やま~~

盛岡の春がいよいよそこまで~~。


藩政時代の終焉の頃、

殿が案じていたのは、家臣(武士)たちの今後の行く末。

どうやってご飯を食べていったらよいのだろう・・・

殿は考えました。

養蚕を盛んにしよう。
高級な絹を作るのじゃ・・。

そのような殿のお考えに家臣はせっせと養蚕に励みました。
蚕を飼うために必要なのは、いっぱいの桑の葉。
桑の木をたくさん植えました。

今でも南部家の家臣団の末裔の方々は、『南部桑田』という団体に所属し、
南部家の家臣であったことを誇りにしているのです。

というような歴史を持つ『繭』

干支も干支勢揃い

忍者も
忍者

そして、宮澤賢治さんの『虔十公園林(けんじゅうこうえんりん)』の虔十さんも
虔十

天然素材の繭の持つ柔らかさと光沢は
様々な可能性を持って、現代も輝き続けているような気がします。

ちなみに・・
最後の虔十さんのお話は、コトラコ賢治作品の中でイッチバン大好き大好きなお話なのですよ~。
まだ読んだことない方、ぜひご一読くださいね~~。


殿もお帰りになって
ますます明るい気分の

もりおか歴史文化館にぜひお出かけくださいね~~

まっておりまするよ~~(*^_^*)
スポンサーサイト
 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。